WindowsとMax OS Xの一部バージョンのサポート終了について(注意喚起)

以下のWindowsならびにOffice、Mac OS Xの一部バージョンにおいて、セキュリティ更新等の延長サポートは終了しております。

  • Windows 2000(2010/07/13)
  • Windows XP(2014/04/08)
  • Office 2000(2009/07/14)
  • Office XP(2011/07/12)
  • Office 2003(2014/04/08)
  • Mac OS X 10.7以前(終了)
  • Office 2004 for Mac(2012/01/10)
  • Office 2008 for Mac(2013/04/09)
お使いのコンピュータのバージョンをご確認ください。もし該当のバージョンをお使いの場合は早急にバージョンアップを行ってください。
OSやソフトウェアは、常に最新の状態となるようアップデートを行ってください。


該当のバージョンのWindowsは、すぐに使用できなくなる訳ではありませんが、そのまま運用されますとセキュリティ更新が提供されないため、ネットワークやUSBメモリ等を通じた攻撃に弱くなり、また人科ネットワークにおいてもウィルス蔓延などの原因となる恐れがあります。

お使いのコンピュータをご確認の上、もし該当のバージョンをお使いの場合は早急にバージョンアップを検討してください。
但し、バージョンアップに伴い動作が不安定になる、動作しなくなるソフトウェアも未だに存在しますので、十分な確認を行った上で作業して頂きますようお願いします。

なお、移行やバージョンアップの等、何かご不明な点がありましたら、サイバーメディア室にご相談ください。

お使いの Windows が対象であるか確認する方法

以下のページをご参照ください。

いまお使いの Windows のバージョンおよびサービスパックを確認する方法
http://www.microsoft.com/japan/windows/lifecycle/howtocheckvesion.mspx
  • Windows 2000 をお使いの方 (Server版も対象です)
    早急に新しいOSへの移行をお願いします。
  • Windows XP をお使いの方
    Service Pack 3 であることをご確認ください。
    そうでない場合、早急に Service Pack 3 に更新してください。
  • Windows Vista をお使いの方
    Service Pack 1 以上であることを確認してください。
    そうでない場合、早急に Service Pack 2 に更新してください。
    (Service Pack 1 は現在のところ、サポート終了の対象ではありません)

なお、大学管理の PC および 個人所有の 1 台の PC については、大阪大学包括協定ソフトウェアを用いて、無償で Windows XP, Vista, 7間の相互移行が可能です。
http://www.license.osaka-u.ac.jp/

関連情報

CopyRight(C) 2015 by CMO, Graduate School / School of Human Sciences Osaka Univesity